電解中性殺菌水

 殺菌水とは?

殺菌水は正式には電解中性殺菌水といい、除菌用に開発された最新の機能水で食塩水を電気分解した時に出来る水です。含有する次亜塩素酸の強い酸化力と残留塩素の作用により強力な殺菌力を発揮します。もちろん人体には無害です。エイズウィルスやMRSA、インフルエンザ、黄色ブドウ球菌にいたるまで様々な細菌、ウィルスに対する殺菌効果が確認されており、各種薬品、薬剤よりもはるかに安全であり、皮膚や粘膜組織などに対する影響もありません。優れた殺菌力を有し、環境にも優しく残留性もないため、各種用途に利用報告されています。

[電解中性殺菌水の使用例]

内視鏡の洗浄消毒、手術器材の消毒、透析装置・配管の消毒、呼吸回路の消毒、歯科・口腔洗浄、腹腔洗浄、傷部の消毒や口内炎、痔、水虫、アトピー性皮膚炎の消毒・予防・治療、厨房での食材や器材の洗浄、鮮魚の洗浄、農業での種子洗浄、無農薬栽培、畜産など多岐にわたり安全かつ有効に利用されています。

 当医院では電解中性殺菌水自動供給システムで殺菌水を診療室全体に使用しており安心して治療を受けて頂けます。