顎関節症

顎関節症

顎関節症は食べる時に顎がカクカク鳴る、痛む、痛くて口が開かない、といったわかりやすい症状から、頭が痛む、肩が非常にこる、腰が痛む、手足が痺れる等、顎関節症が原因とは思えないような不定愁訴まであります。

当医院では顎そのものに原因があるのか、噛み合わせに原因があるのか審査、診断し、噛み合わせに問題が見つかった場合は、噛み合わせの治療を行います。顎自体に問題がある場合は関連病院にご紹介いたします。

虫歯治療に通っていらした患者さんで、左の手足が痺れて内科、脳ドック、診療内科、カイロ等に通ったが治らない方や、また頭が痛くて1日に4〜6回鎮痛剤を365日毎日飲んでいる方等がいらして、噛み合わせに異常が見つかり、噛み合わせの治療を行ったところ1〜3ヶ月で症状が消えました。この患者さん達は治りの早いほうで、4年、5年とかかる方や、一度症状が消えても数年後再発し、再治療しなおした方など、とても複雑な病気です。もしこのようなお悩みがある方はお気軽にご相談下さい。